沖縄料理や沖縄で良く使われる島野菜のご紹介

沖縄料理・沖縄食材の解説

サクナ、パパヤー、ナーベーラー、ゴーヤー
島らっきょう、フーチバー、ハンダマ etc・・・
沖縄方言も同時に解説していきます。

沖縄料理・沖縄食材の解説
うるまトップ沖縄料理・島野菜のご紹介

沖縄料理・島野菜のご紹介

沖縄料理でよく使われる島野菜
サクナ(長命草)
独特の苦味と香りが特徴です。カロチンやビタミンCが豊富で、古くから薬草として用いられています。
気管支炎系の病気にも効くとされています。
【島薬草の天ぷら】

パパヤー(パパイヤ)
沖縄では、熱する前のパパイヤを野菜として用います。
カルシウム、カリウム、ビタミンC、カロチンが豊富です。
【青パパイヤのシリシリーサラダ】

ナーベーラー(へちま)
沖縄ではゴーヤーと並ぶ夏野菜の代表格です。ビタミンやミネラルが豊富で、熱す前の若い実を食します。
カルシウム、カリウム、ビタミンC、カロチンが豊富です。
【ナーベーラーンブシー】

ゴーヤー(苦瓜)
沖縄の夏野菜の王様。レモンのおよそ3倍のビタミンCを含み、夏バテ解消に効きます。苦瓜という名前の通り クセになる独特の苦味が特徴です。
【ゴーヤーチャンプルー】

島らっきょう(らっきょう)
通常のものより小ぶりな島らっきょう。香り高く、浅漬けや天ぷらにして、酒の肴として食される事が多い食材です。
【島らっきょう】

フーチバー(よもぎ)
沖縄の代表的な薬草の一つで、通常のものと違い苦味が少ないのが特徴です。ビタミンAやカリウムを含みます。
【島薬草の天ぷら】

ハンダマ(水前寺菜)
表は濃い緑色で、裏が鮮やかな紫色をしています。 若干苦味があり、加熱するとぬめりが出ます。ビタミンA、B2、鉄分を多く含みます。
【島薬草の天ぷら】
WEBからの予約はこちら
reservation
お電話でのご予約はこちら

店長おすすめ焼肉コース

 収容人数
   1F:56人
   (沖縄家庭料理・焼き肉)
   B1F:24人
   B2F:42人
   (沖縄家庭料理・ライブ)
 店舗情報
  〒900-0014
  沖縄県 那覇市
    松尾1-4-10
  TEL:098-941-1344

 営業時間
  【ランチ】
  11:00~17:00

  【ディナー】
  17:00~24:00

  ラストオーダー
  FOOD 23:00
  DRINK 23:30

 店舗外観
 情報を共有する


Check
▲ページの先頭へ戻る
会社概要プライバシーポリシーお問合せWEB予約